機械式時計初心者が知るべきこと!オーバーホールって何!?

機械式時計に必要な定期的メンテナンスとは?

機械式時計は定期的にプロの手でメンテナンスを行うことで、制度を保つことや時計自体の寿命を長く維持することが出来ます。機械式時計の運針はゼンマイの力が動力なため、性質上部品の摩耗劣化が次第に起きるのが特徴です。劣化を長期間に渡って放置すれば、購入時の精度は失われるなどの弊害が起きやすくなります。機械式時計のメンテナンスはオーバーホールと呼ばれ、時計本体を分解して行われます。一般的に3年から4年ごとに時計店やメーカーに依頼するのが基本です。

どんなメンテナンスをするのがオーバーホール?

機械式時計のオーバーホールでは、時計内部の掃除を兼ねて劣化した部品や潤滑油の交換が行われます。日常的に腕時計を使用していると、どうしても汗や汚れが付着し、自分で拭き掃除などのケアを行っていても、思わぬ腐食や錆が時計本体内部に起こり得ます。この様な外側から一見して気付かないトラブルをオーバーホールによって早い時期に発見し、メンテナンスを行うことはとても大切です。かと言って頻繁にオーバーホールを行うのは間違いです。例えば時間の遅れが気になり出したらオイル不足の合図と思い、故障とは違うと認識しましょう。

オーバーホールにかかる料金の相場とは?

オーバーホールを時計店で依頼した場合、見積もりをまず取ります。予算よりも料金が高い場合はキャンセルも可能です。おおよそのオーバーホールの相場は最低で2万円台から、最高で5万円台と言われています。時計の種類にもよるので、しっかりと説明を受けましょう。因みに機械式時計のメーカーやブランドへ依頼すると5万円以上が相場になります。また、オーバーホールを時計店から断られるケースがあり、カスタマイズされた時計や、コピー商品がそれに値します。

オーデマピゲを安く購入したい場合には、ネットオークションが最適です。タイミングが良ければ格安で購入できるメリットがあります。