結婚記念日、お祝いの仕方

サプライズパーティーを企画する

 結婚記念日のお祝いと言えば、外食というイメージがあります。しかし、近年では個人の趣味嗜好に沿ったものが採用される傾向にあります。 そのため、パートナーが意表を突かれるのが好きならば、サプライズパーティーを企画してみましょう。 これは日本ではまだなじみのないものですが、海外では友人知人が集まってそれをやってくれることが多く、祝福された方も素直に喜べるものです。 ただし、事前のスケジュール調整を忘れると無駄になるので、注意が必要です。

プレゼントを準備しておく

 結婚記念日を祝う方法としては、プレゼントを準備しておくというものがあります。 これは当日準備すればよい花束や、事前予約が必須の装飾品など、様々なものが採用されています。 なお、値段が高ければ喜ばれるという訳でもありませんので、パートナーが何を欲しがっているのかを、事前にチェックしておきましょう。 高額なものを準備したいのであれば、毎月積立金をしておきましょう。購入してから長期ローンが始まるのでは、後の始末が面倒になります。

もう一度結婚式をしてみる

 結婚記念日のお祝いとして、もう一度結婚式をするというのがあります。これは新婚旅行先にもう一度足を運び、サプライズ式に執り行うのが主流となっています。 これは費用がかさむため、銀婚式など、いわゆる節目の時期のみにやるとよいでしょう。 女性はいくつになっても結婚式やそのときに着る花嫁衣装などに対し、強い興味関心があるものです。男性側はそれを忘れないようにしましょう。 大切な日だからこそ、ドラマティックな演出は映えるのです。

結婚記念日で大事なことは、パートナーに日頃の感謝を伝えることです。今後の結婚生活にプラスの意味を与えてくれます。